2017年01月29日

与国男塾 塾長インタビュー参「伝説の谷山(与国)さん」

「喧嘩と宗教の両立」
前代未聞の離れ業を軽々とやってのける中学時代。
サッカー部から陸上部へ華麗な転身をはたし、合唱コンクールでは入賞を目指す日々。
当時を思い出したのか、今の歌手は「ちょっと硬派」とか「硬派風」とかでない「吉田松陰的硬派」な詩を唄ってほしいと言います。
拳で生きた塾長の姿が見え始めます。


ゴルゴ十三 -Juso Golgo-
posted by ゴルゴ十三 -Juso Golgo- at 02:19| Comment(0) | 与国秀行塾長インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。