2017年01月30日

与国男塾 塾長インタビュー七「タイマンのすゝめ」

「タイマンでも張ったらどうですか」
青龍刀やナイフ、包丁を持った危険すぎる方々に素手(ステゴロ)でのタイマンをすすめた塾長。
まさにタイマン説法です!!
埼玉・千葉・横浜への遠征や説法(街宣)を渋谷でする理由が明らかになります。


Professor ゴルゴ十三 -Juso Golgo-


posted by ゴルゴ十三 -Juso Golgo- at 20:30| Comment(0) | 与国秀行塾長インタビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。