2017年04月23日

八女伝説“農攻の拓”松尾さん四「キュウイフルーツと熟女は同じ。揉んで熟して落ちるのを待つ」

デコポンとタイマンを張り、キュウイを素手で揉んで育てていた松尾さん。
一方、地元岡山の高農(高松農業)で最弱の酪農科に入っていた友達を持つゴルゴ。
松尾さんの地元福岡では酪農最強だったそうです。
キュウイを玉袋として育て栗のようにスプーンで食べていた高農とは大違い。
牛にケリを入れたり、ニュージーランドの怪鳥エミューと闘っていたとのこと。
未知の話に聞き入ってしまいます。

Professor ゴルゴ十三 -Juso Golgoー
posted by ゴルゴ十三 -Juso Golgo- at 02:00| Comment(0) | 農攻の拓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください