2017年01月31日

与国男塾ご婦人 瀬戸さん3「エルカンターレの秘宝」

1999年7の月、恐怖の大魔王が・・・
書店で『ノストラダムスの予言』(幸福の科学ver.)を見つけ衝撃を受けた瀬戸さん。
さらにはエルカンターレ黄金の3部作を発見したその時を語ります。


Professor ゴルゴ十三 -Juso Golgo-
posted by ゴルゴ十三 -Juso Golgo- at 19:56| Comment(0) | 与国男塾ご婦人 瀬戸さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

与国男塾ご婦人 瀬戸さん2「髪結いの亭主」

「右の頬をぶたれれば、左の頬を差し出せ」
このMっ気たっぷりのイエス・キリストの教えをさっぱり理解できなかった瀬戸さん。
まぁ、僕が以前取材してた〇〇倶楽部の女のコたちに聞いても、元来仕事でやってるためよくわからないでしょうね^^;
が、しかし瀬戸さん、ある契機を境に100パーわかったと言います。
またトーク前半、薬剤師を目指してた瀬戸さんの戦略的な大学受験激勝法が語られます。


ゴルゴ十三 -Juso Golgo-
posted by ゴルゴ十三 -Juso Golgo- at 15:00| Comment(0) | 与国男塾ご婦人 瀬戸さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

与国男塾ご婦人 瀬戸さん1「ロザリオへの祈り」

浅草から箱根へ。
疎開のため小田原に安住の地を求めた瀬戸さん。
先ずは雑談から入り、次第に自身のヒストリーを明かします。
寺で学んだ年少期、小4~6までのキリスト教学園。
誰に言われることなく、小田原の街へ祈りを捧げていた小5の夜。
瀬戸さんが瀬戸内寂聴になります。


ゴルゴ十三 -Juso Golgo-
posted by ゴルゴ十三 -Juso Golgo- at 17:47| Comment(0) | 与国男塾ご婦人 瀬戸さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。